2016.09.26(月) No.52 から

吉例 団結 納涼会に76人

 8月26日(金)午後6時30分から「勝たせる会」の納涼会が、(株)きかんし(東京・江東区)の7階食堂をお借りして開かれました。
 毎年「最後の納涼会」を目指して開いていますが、残念(?)ながら今年で6回目。ここ数年、天候に恵まれず肌寒い中での会となっていましたが、今年はしっかりと“納涼会”となりました。
 会には76人が参加。最高裁の不当な判断に屈せず、勝利解決まで、世論を集め闘い抜く熱い決意を改めて固め合いました。
 開会挨拶で新崎代表幹事(MIC議長・新聞労連前委員長)は「新聞労連の委員長は後任にバトンタッチし、『勝たせる会』の代表幹事も交代することになるが、この闘いを支え、勝つまで共に闘う」と挨拶。
 弁護団を代表して金子弁護士は「最高裁は司法の役割を放棄し、180度違う判断にお墨付きを与えた」「この間、偽装請負を告発し、正社員化を勝ち取ったケースもある」「労働法制改悪の動きに抗し、この闘いでも勝利を勝ち取り、働く者の権利を守る闘いを前進させていこう」と訴えました。井上弁護士と笹山弁護士からは新たに取り組んでいる都労委(東京都労働委員会)での闘いについて報告がありました。
 東京地評の塚本さんが乾杯の挨拶。「これから大日本印刷の本社がどう対応してくるか、しっかりと監視し、機敏な対応で包囲し勝利しよう」と訴えました。
 その後、15人の方々(新聞労連、民放労連、出版労連、音楽ユニオン、文京区労協、全印総連・愛知地連、同・京都地連、同・大阪地連、同・福岡地連、同・本部、同・青年部、JAL争議団、出版争議団、千代田争議団、映演労連)から連帯・激励の挨拶と、争議支援の訴えを頂きました。
 最後に当該・橋場さんが闘い切る決意表明。是村代表幹事(全印総連委員長)が閉会の挨拶をおこない、お開きとなりました。
 会には、宮古毎日新聞労組、出版労連、民放労連、東京・千代田争議団、全印総連の組織・個人の方々から、お酒やおつまみなど色々と差し入れをいただきました。

都労委 第1回調査

傍聴支援に33人

 8月25日(木)、東京都労働委員会での第1回調査が行われ、傍聴支援に全印総連・出版労連・民放労連・映演労連・映演共闘・音楽ユニオン・世田谷区労連などから33人が参加しました。
 これは、橋場さんが所属する労働組合・全印総連が、争議解決のために再三申し入れてきた「団体交渉」に、(株)DNPファイン社も大日本印刷本社も応じていないため、都労委に対し6月30日(木)に「救済申し立て」を行い実現したもの。
 都労委は、公益委員に弁護士の房村精一氏、労働者委員に出版労連の大塚博文氏、使用者委員に鹿島建設(株)の門間卓氏を任命しています。
 申立てに対し会社側は、8月12日に答弁書と書証(東京高裁と最高裁の判決の写し)を提出。
 午前10時に始まった“第1回調査”で、全印総連の代理人である東京法律事務所の井上幸夫弁護士と笹山尚人弁護士は「裁判と並行して話し合いによる解決を目指してきたが、団体交渉の申し入れを拒否され続けてきた」「直接雇用ではなかったが、指揮命令を受け仕事をしていた」「埼玉労働局が偽装請負の是正指導をし、これに対し会社が是正報告をしている」など事実を示すと同時に、会社側の答弁書に対し「書証を付けて反論していく」「労働委員会での解決を目指したい」「三者委員の尽力をお願いする」と発言しました。
 調査は40分程で終了し、第2回調査は10月4日(火)10時からと決まりました。

9・15 争議支援総行動

 東京地評・争議支援総行動が、9月15日(木)、朝から3コース・19箇所の社前で取り組まれました。
 DNPファイン解雇・偽装請負争議は、11時15分から、大日本印刷本社前で抗議・要請行動を行い、40組織120人が参加しました。
 当日は朝から雨でしたが、行動の直前で雨は上がり、真新しい25建の加賀町ビルに向けて、元気よく抗議の声を上げました。
 平川修一・東京地評常任幹事が主催者を代表して挨拶。その後、全印総連・東京地連の・田村書記長が多くの参加者にお礼を述べながら「今後、都労委での救済申し立てが新たな闘いのステージとなる」「引き続きの支援を」と訴え。地元、新宿区労連の岡村稔事務局長が大日本印刷の横暴ぶりを告発。日本ヒューレッドパッカード争議の青木さんが連帯の挨拶。
 橋場さんは「最高裁が不当な判断を下した」「闘いの場は都労委となっている」「裁判では負けたが、私は決してあきらめない」「勝つまで闘い続ける」「支援をお願いしたい」と決意表明し、最後に大きなシュプレヒコールで要請団を送り出しました

What's New

2005/02

 DNPファインで働き始める

2009/01

 “業績不良”で突然の解雇

2009/07

 さいたま地裁に提訴

2013/04/01(月)

 ▼ホームページ開設

2015/03/25(水)

 さいたま地裁が不当判決

2015/03/31(火)

 控訴

2015/07/13(月)

 第1回東京高裁

2015/11/11(水)

 東京高裁が不当判決

2016/07/20(水)

 最高裁が上告棄却

2016/08/25(木)

 都労委第1回調査

2016/10/24(月)

 ▼ホームページ更新