2015.10.13(火) No.46 から

東京高裁(控訴審)第2回裁判 結審

11月11日(水)判決

「公正な判決を求める署名」を一周り広く!!

 10月7日(水)午前11時から東京高裁808号法廷において「DNPファイン解雇・偽装請負争議」(平成27年(ネ)第2592号)の第2回控訴審が行われました。
 控訴審では、さいたま地裁の不当な判決(被告人の不法行為を認めつつ、原告の請求を却下する)に対し、原告(控訴人)の損害額等の立証が重要な争点となります。
 弁護団は「立証計画」と「控訴人第2準備書面(被告ユニ書面への反論)」を9月30日付で提出していました。
 裁判長は開廷宣言の後、控訴人側と被控訴人側の書類の確認を行いました。その後、控訴人側の竪弁護士が控訴理由の陳述を行いました。
 裁判長は「合議します」と一旦の退席。その後「立証計画を採用しません」とし、「次回に判決を言い渡す」としました。
 裁判終了後、待合室で開かれた報告会では、竪弁護士から裁判の概要が説明されました。
 竪弁護士は「中間搾取の賠償を求めた」「契約書の筆跡は偽造されたものである事」「ミクロ社のピンハネ分がファイン社に戻されていたのはヤクザ的で犯罪行為」などと訴えました。
 是村勝たせる会代表幹事は「裁判で勝つ事と同時に、社会的に訴え・広げる運動を強化していきたい」「『公正な判決を求める署名』を一周り広く」と訴えました。
 橋場さんからは支援に対する感謝の言葉とともに「勝利するまで闘う」と力強い決意表明があり、参加者からの大きな拍手に包まれていました。
 判決は、11月11日(水)13時50分から、東京高裁808号法廷で。多くの方の傍聴をお願い致します。

大日本印刷本社などへ

「団交申入れ」と「要求書」を送付

 全印総連は11月7日(土)、大日本印刷(株)本社と(株)DNPファインオプトロニクス(旧DNPファイン社)に対し、争議解決へ向け交渉のテーブルに着くよう求める「団体交渉申し入れ書」と「要求書」を送付しました。

What's New

2005/02

 DNPファインで働き始める

2009/01

 “業績不良”で突然の解雇

2009/07

 さいたま地裁に提訴

2013/04/01(月)

 ▼ホームページ開設

2015/03/25(水)

 さいたま地裁が不当判決

2015/03/31(火)

 控訴

2015/07/13(月)

 第1回東京高裁

2015/11/11(水)

 東京高裁が不当判決

2016/07/20(水)

 最高裁が上告棄却

2016/08/25(木)

 都労委第1回調査

2016/10/24(月)

 ▼ホームページ更新