争議内容

 橋場恒幸さんは、㈱DNPファイン・エレクトロニクス(大日本印刷久喜工場)で請負契約の労働者として働いていました。

 ところが、2009年1月末に突然、事業不振を理由に解雇されました。

 納得できなかった橋場さんは、埼玉労働局に相談に行き、そこではじめて、自分の働き方が偽装請負であり、しかも二重偽装請負という違法な状態にあったことを知らされました。

 現在、さいたま地裁で係争中。裁判は25回まで行われています。

大日本印刷の二重偽装請負の実態(構図)

大日本印刷の二重偽装請負の実態

What's New

2005/02

 DNPファインで働き始める

2009/01

 “業績不良”で突然の解雇

2009/07

 さいたま地裁に提訴

2013/04/01(月)

 ▼ホームページ開設

2015/03/25(水)

 さいたま地裁が不当判決

2015/03/31(火)

 控訴

2015/07/13(月)

 第1回東京高裁

2015/11/11(水)

 東京高裁が不当判決

2016/07/20(水)

 最高裁が上告棄却

2016/08/25(木)

 都労委第1回調査

2016/10/24(月)

 ▼ホームページ更新